FC2ブログ

陳さんの亞洲マン遊記

謎の陳さん実際体験の、楽しく、怪しく、ちょっぴり寂しいお遊び日記。中国やベトナム風俗の未知のゾーンにご招待!
陳さんの亞洲マン遊記 TOP  >  スポンサー広告 >  その他の国 >  【復刻】新天地を求めて国境へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【復刻】新天地を求めて国境へ

かつての「幻の国」の栄光はどこへやら、「湯冷まし」のように刺激に欠ける昨今のプノンペンで悶々としていた陳さんです。
カンボジアでもタイトの国境には置屋があったするんで、ベトナム国境、それも外国人に解放されてるモクバイ国境でなく、かつてスワイパーの女の子たちが越えてきた、正式には国境と認められてない「裏国境」には何か有るのではと思い、裏国境まで調査に行ってきました。
かつてスワイパーの子たちが「チャウドックから船とバイクでプノンペンに来た。3時間くらいかかる」と言ってたのを思い出し、最短でベトナム国境に向かうルートを確認すれば、プノンペンからバイクで2時間弱、正規のルートで我々外国人がチャウドックまで8時間かかるのがアホらしく思える近さ!
早速バイクにタンクから溢れるほどガソリン詰め込み、出発!
道は途中の一区間除いて完全に舗装されており、正式な国境が50キロほどずっと泥濘なのと比べ、文字通り雲泥の差です。荷物満載の大型トラックがひっきりなしに通りますので、「非正規の貿易」のために道を良くしてるのかも知れません。
国境の数十メートル手前に、カンボジア側のチェックポイントが有り、ダメもとでパスポート見せて「ここ通れるか?」と国境警備の警察に聞いてみるが、予想通り外国人はダメ!
しからばと、カンボジア側の国境地帯を探索。
先ずはカジノホテル、ここには夜総会有り。但し総合的なレベルはプノンペンには及びもしません。
その隣のゲストハウス(結構立派な建物)は20ドルでベトナム娘呼んでくれるそうです。
そして国境市場には、メコン川が見渡せるカラオケ有り。ここのホステスとは自由恋愛可能なようですが、それならプノンペンでもできますね!
番外として国境市場に置屋らしき物体一軒発見したものの、ババア専門!
道沿いの床屋は若い女性客が来てるのでマジ床屋と思います。
往復でガソリン5リットルも使ったものの、この裏国境は空振りでした。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2013年11月25日 08:54 ] カテゴリ:その他の国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。