FC2ブログ

陳さんの亞洲マン遊記

謎の陳さん実際体験の、楽しく、怪しく、ちょっぴり寂しいお遊び日記。中国やベトナム風俗の未知のゾーンにご招待!
陳さんの亞洲マン遊記 TOP  >  スポンサー広告 >  ベトナム >  【復刻】大名旅行総括記(上)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【復刻】大名旅行総括記(上)

今年初の大名旅行総括記です。
今回もオーソドックス(?)に幻岬と広東某置屋村の二本立てです。
今回の面子は元さん、ホウホウ氏、親分いっちゃん氏、それに後半からノリ氏が飛び入りの予定。
一日目
陳さんは切り込み隊として事前にベトナム入りし、当日は空港にて金星一号氏とハノイ空港でお三人方を待ち伏せ。
空港で三人をキャッチし、両替済ませて「億ドン長者」に変身後、チャーター車で幻岬を目指します。
車内でとりとめもない話に花を咲かすうち岬に到着。とりあえず馴染みの海鮮レストランで食事して、軽く旅館街をシバいて、軽く一発決めて「感触」をつかみ就寝。
二日目
昼まで休んで昼食後、マジマッサーに繰り出す。大の「マジマッサー」派の元さんには不運にも「外道」の「不真面目マッサー嬢」が当たってしまい「抜かれて」しまった模様。
マジマッサーで身軽になって件の旅館街で件の「酒の遡上遊び」おのおの好みの子引っ掛けてご入店!
海鮮夕食大会の後「マッタリ旅館」に向かい、ここでも遊ぶ。ここで元さん大ハッスル!元さんはマッタリが気に入られたようで、すっかり「マッタリ党」党員に。明日は朝早くからハロン湾へ「マジ大名観光」なので早い目に引き上げ。
三日目
朝からチャーター車、チャーター船(26人乗りの船を6人で借りきり)で「海の桂林」ことハロン湾観光。何より船が苦手な親分いっちゃん氏も奮って参加。洞窟島の鍾乳洞めぐりなどもあって結構疲れました。海の幸尽くしの昼食までついて往復の車代まで込みこみで一人当たり6500円ほどと思ったより安くついた大名観光。いっぱい値切り倒してくれた金星一号氏に感謝!
夕方疲れて岬に帰着。軽くマジマッサーに行き、しつこく「マジマッサー嬢」を希望し疲れをほぐしてから海鮮宴会。
宴会後は「マッタリ」に行き、「マッタリ党」元さんは二連荘大満足で帰還。残りの我々は「岬最後の夜」を堪能すべく「旅館街」へ。そしてホウホウ氏と親分いっちゃん氏は残業宣言。後日聞いたところでは、夜遅くまで網を張った甲斐があってか、親分いっちゃん氏に「最高の子」(激フェラ、全身舐めまくり、アナルもOKと売れっ子ソープ嬢顔負け)ヒット!うらやましい!!!12万ドン(約850円)でそんなのアリか???
それでなくても岬の子に一人もスカなかったと大の岬ファンになった親分いっちゃん氏でありました。
四日目
この日は朝からハノイに移動。昨日まで暖かかったのがウソのように寒い!しかもシーズンでもないのにホテルが満室ばっかり。
やっとホテルを見つけてチェックイン後、もう海の幸は岬で食べつくした感が無きにしも非ず故「ハノイの家庭料理」専門の高級レストランで昼食。家庭料理は素材や味付けが日本人の口によく合います。
午後からは市場で買い物したり、夕方のハノイをぶらついたりしていました。「マジマッサー」派の元さんは病院が経営するスパ&マッサーで岬の疲れ落とし。そして夜はハノイの隠れた名店「ヤギ焼肉屋」でヤギ焼肉、ヤギ鍋、怪しい精力酒(ヤギの玉入りか?)とヤギ尽くしで精をつけました。
お遊びのほう、ハノイは首都ゆえ取り締まりも厳しく、ぜんぜん期待してなかったのですが、一応エロマッサーが並ぶエロマッサー街道とホンダガールが跋扈する某通りはパトロールしときましょうと、タクシーでエロマッサー街道へ。ホンマに名に偽りなく。5,6メートルおきに「マッサージ」の看板。見学一軒目は話だけ聞く、2軒目と3軒目は怪しまれたのか「よその店行ったほうがいい」と追い返される。4件目は置屋部屋まで見学させてくれたが、良いのが居らず、店の用心棒にタバコ代あげて出てくる。5軒目の大きな店はまあまあ、チャレンジ精神豊かな親分いっちゃん氏が性格よさそうな子ゲットしてマッサー部屋へ。残念ながら「本番」はなかった模様。
帰りがけに「ホンダガール街道」流してみるが、寒すぎでホンダガールの姿見えず。明日は香港へ飛ぶ日。もう寝ましょう!
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2013年11月25日 08:33 ] カテゴリ:ベトナム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。