FC2ブログ

陳さんの亞洲マン遊記

謎の陳さん実際体験の、楽しく、怪しく、ちょっぴり寂しいお遊び日記。中国やベトナム風俗の未知のゾーンにご招待!
陳さんの亞洲マン遊記 TOP  >  スポンサー広告 >  中国 >  【復刻】大名旅行&好き者の祭典(その二)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【復刻】大名旅行&好き者の祭典(その二)

11月25日
松葉氏は任務復帰、KIN氏は「清いお付き合い」の旅に出られ、入れ替わるようにホウホウ氏が混じり、深せん経由で某地の「女の100元ショップホテル」へ。
約3時間でホテルに到着、街で一番繁盛してるレストランで注文しまくり、食べまくりの後、部屋にやってくる小姐たちにばら撒く撒き餌としてバナナやポテトチップス大量購入後ホテルに戻り魚群を待つ。撒き餌が効いたのか群れがやってきまして皆軽く食後の一発。その後近所のマジ按摩やマジ床屋で各自サッパリした後ホテルに戻り「絶対安眠できない一夜」を過ごしました。
11月26日
昼前に餃子レストランで朝昼食と元さん送別会を兼ねた食事。餃子てんこ盛りの他、骨付きで手で持って食べる「漫画の肉」も登場。
昼前に元さんを見送り、昼過ぎには広州空港へ親分いっちゃん氏を出迎え。すぐにタクシーで100元ショップホテルへ拉致連行。いっちゃん氏始めての訪中で、いきなり100元ショップホテルであります。
ホテル到着後、夕食までまだ時間がありましたので、初訪中のいっちゃん氏を街の不思議な市場(蛇や亀は商品として標準装備、果物屋では皮無しミカンとかケッタイな物売ってる)や小学校前の駄菓子屋(小学生に人気のおやつは牛モツ串)とか見学。
夕食は全員で街で二番目に繁盛してる所へ出かけるが「味も二番目」てな感じ。そして夜は昨夜の如く、陳さんは、怒涛のように押し寄せる小姐の群れに、ちとビビルいっちゃん氏を「わが子を千尋の谷に突き落とす親ライオン」みたいな気持ちで影から見守っていたのであります。
更にNB氏を連れてホテル内のエロサウナに闖入。東莞のサウナと比べると何から何まで貧弱。部屋なんか日曜大工で改装したみたいな感じで、肝心の小姐もたったの3人。冒険心の強いNB氏、小柄の広西妹を選びGO!トータル300元と安いためか思ってたより満足できた模様。
11月27日
昼前に餃子レストランで昼食後、深せんに戻ります。
深せんでは駅前ホテルならぬ駅上ホテル(駅ホームの上がホテルになってて廊下が滑走路みたいに長い)にチェックイン後、少し前摘発あって寂れた「マントル村」をパトロール。
まずは50元の店もある通好みの奥のほうへ言ってみるとエロ床屋は壊滅、個人営業の立ちんぼは健在でした。そしてメジャーな前の方の村に行って、まずは悪いところ行ってから本命の良い所へ行こうということになり、まずブスしかいなそうなマントルの客引きババアにわざと捉まり、マンション階上の一室へ。待つこと数分、小姐がゾロゾロやってきましたが、やっぱりレベルが低いです。しかも日本人とわかると日本人の悪口をベラベラ垂れたりして「サービス業」なるものの意味がわかってない小姐多数。やっぱりあきませんな、と陳さんを先頭に部屋を出ようとしたら陳さんが外に出た時いきなり鉄扉がガチャンと閉まり、中でガチャガチャかぎ掛ける音が、客人が監禁されてもうたわ!慌てた陳さん「開けろー!」と鉄扉をガンガン蹴ると、扉が開いて中からユデダコみたいに真っ赤になった客引きババアは陳さんに掴みかかって来ました。そのドサクサのまぎれて客人と一緒に脱出。興奮冷めやまぬババア、棍棒持って我々を追いかけようとして客引き仲間に止められてる。公安沙汰になったら旗色悪いのはババアの方なのに。ババアあほやー!
一悶着後、ホウホウ氏ご推薦の「ごつーええ」マントルに向かい、ここで全員好みの子ゲット。中でもNB氏は「恋の花」が咲いたようで、今夜一緒に過ごすつもりだそうです。
夕食はすし詰めの白タクを深せん漁港まで飛ばして海鮮宴会。なんせ漁港のどまん前ですからエビカニ魚に貝とどれも新鮮無比。値段も市内の半値以下。苦労して来た甲斐がありました。
食事後「エロ床屋村」をパトロール。一軒ずつ丁寧に冷やかしていたのですが、途中で公安の摘発があったらしく床屋という床屋が皆3秒で閉店。
相変わらず冒険心旺盛なNB氏、マントル部屋にさっきの子と一緒に泊まるというので、またマントル村に戻ると、もう遅く、路地には人影も無く真っ暗。でも「ごつーええ」マントルのババアとNB氏の恋人がハチ公みたいにNB氏の帰りを待っていました。幸せそうな二人を見送り一人寝組はホテルへ帰還。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2013年11月25日 08:28 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。