FC2ブログ

陳さんの亞洲マン遊記

謎の陳さん実際体験の、楽しく、怪しく、ちょっぴり寂しいお遊び日記。中国やベトナム風俗の未知のゾーンにご招待!
陳さんの亞洲マン遊記 TOP  >  スポンサー広告 >  中国 >  【復刻】四川省の夢の楽園

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【復刻】四川省の夢の楽園

「土地は1000坪、中ではエッチのやり放題」なんて話あなたは信じますか?
それはは四川省成都近く、世界的に有名な遺跡から徒歩25分にある「何とか花園」です。お寺のような壁に囲われた門を入ると、巨大な庭になっていて別荘風の建物がチラホラ(休憩 大部屋100元小部屋60元)。敷地は本当に1000坪ありそうで、金瓶梅の西門慶の屋敷みたいです。管理人は角刈りの怖そうな兄いいやんで、用心棒かねてるので本当に怖いんですが、話してみるといい奴です。まあ、金払う客怖がらせても仕方ないですしね。
小姐は藤棚の下でトランプやスイカの種片手におしゃべり中(午後からやってくる)真昼間での10人以上居ます。すごいマッタリした雰囲気で小姐も純朴な子が多く、普段せわしない遊びでお疲れの貴兄にお薦めです。彼女たちの話す西北官話は標準語のそれとは声調が違って、そのしゃべり聞いてるだけでもマッタリとします。お代は一回100元均一。言葉は不要、気に入った子の手を掴んで部屋に行くだけです。部屋も広くて清潔、ここで遊ぶと床屋の屋根裏部屋とかで遊ぶのが嫌になること請け合い。
ただここにも欠点がありまして、夜は小姐も増えて、もっと盛り上がるみたいなのですが、この周辺、夜はお話にならない位治安が悪く(山賊が出る!)、安全を考慮すれば昼にチャチャッと行って夕方チャチャッと帰ってくるしかありません。帰りは兄いやんに頼んで彼の「兄弟」のタクシーで帰りましょう。町まで35元ほど。
貧乏暇なしの陳さん最近行ってないのですが、今も健在のはずです。遺跡見物の帰りにぜひどうぞ!
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2013年11月24日 23:17 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/07/07 18:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。