FC2ブログ

陳さんの亞洲マン遊記

謎の陳さん実際体験の、楽しく、怪しく、ちょっぴり寂しいお遊び日記。中国やベトナム風俗の未知のゾーンにご招待!
陳さんの亞洲マン遊記 TOP  >  スポンサー広告 >  ベトナム >  【復刻】秋の大名旅行長期戦編(♪ゲ、ゲ、下下の下編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【復刻】秋の大名旅行長期戦編(♪ゲ、ゲ、下下の下編)

十二日目 ベトナム入国より
タクシーでモンカイバスターミナルに直行。タクシー降りるなりバスの客引きが「ハノイ!直ぐ出るよ!」「ハロン湾!直行!」とか声をかけてきますが、慎重派の我々はバスターミナルの切符売り場で無愛想な切符売りからハイフォン行き二枚購入。ところがこれが作戦負けで、すし詰めボロバンに乗せられる(来る時と同じOHO高級バスの切符買ったのに何故かボロバン)これは違う!と抗議したが、切符売りは知らん顔。ボロバンはたまらんと、発車間際のOHO高級バスに飛び乗り、切符買いなおし。おそらくバスターミナル切符売りとボロバンがグルになってます。次回乗るときは高級バス乗車後切符購入。覚えておこう!
約6時間でハイフォン着。そのままタクシーで岬へ。
フランスビラチェックイン後、早い目の海鮮夕食。アオキプロ氏(趣味料理)は自家製の梅干、らっきょう、佃煮などを海鮮レストランにキープしてあり、海鮮夕食の〆はお茶漬け。陳さんもよばれました。おいしかったです!
食事後我々はお土産下げて「サンタさん」となって静香へ。陳さんは途中で、お待ちかね37歳に捕まり靴をプレゼント。その後静香へ向かい、静香おばさんに靴渡し(これはお金頂きました)て、、アオキプロ氏はお気に入りに中のお気に入りの子と、またまた旧交を暖めに上がっていったので、あとで按摩さん呼ぶとき合流として、陳さんは37歳の所へ。37歳飛んで来ます!37歳明日実家へ帰るそうです。37歳必殺三本抜きは、ただでさえ厳しいのに、この日は最後の夜ゆえ特別強化抜きで抜かれまくり、陳さん腰がガクガクに!
この試練の後、按摩さん呼んで按摩。ここでアオキプロ氏も合流し、陳さんに続いてアオキプロ氏も按摩。按摩後アオキプロ氏は、目の前に居た「やらしそうな子」とご入室(やらしそうな子アナルもOKなれども、氏のが大きすぎて物理的に不可能だった模様)。厳しい試練を経て疲労困憊の陳さんは先に部屋に戻って就寝。
十三日目
朝いつもの如くババア路上カフェでコーヒーすすってると「金持ちヒマあり」のSG氏がまたハノイから飛び入り。この日SG氏は伝説のベッピンさんをゲット!満足間違いなしだぜ!アオキプロ氏は、どうしているのかと言えば「アオキ流」で遊んでらっしゃいます。この日は37歳が実家へ戻る日、今から出発の37歳とばったり会って「元気でね!」と涙の別れ(ウソ)。てな具合に全員遊び終えた所で、一旦ホテルへ戻ろうかとゾロゾロ歩いていると建設省ホテル(海側は現在増築工事中)前で、あのデップチャイ氏とばったり!岬来るなら来るって教えてくれたらいいのに。水臭いな!と海鮮夕食に強制的に合流させ、海鮮てんこ盛り。海鮮焼きそばも大盛りに。ここで楽しく談笑中、デップチャイ氏が前回の「宅八郎」とまだメールで連絡しあっていることが判明、陳さん以下の恋のキューピッドは「こんな所で遊んでる場合じゃないでししょ!」と宅八郎に「貴女の彼氏が明後日会いに行くよ!」と連絡し、岬から200km以上離れた宅八郎の実家までの交通手段も、明日来るニューフェイスのスパンク氏が明後日早朝タクシーで空港まで行くのに便乗し、空港でスパンク氏降ろしてから宅八郎の所まで行くようにセッティングしてあげ、アオキプロ氏は宅八郎との連絡に便利だとベトナムの携帯電話貸してあげ我々恋のキューピッドの面目如実!
十四日目 最終日
朝からハイフォンに遠征。名物バインダーの朝食後、最終日なので漢方医の先生の所で最後の鍼を打ってもらい、コンディションを絶好調に。その帰り際にニューフェイスのスパンク氏をピックアップして岬へ。岬でウエルカム海鮮昼食後、スパンク氏は明日早朝岬を出るのでタイムイズマネーゆえ静香へ直行。ここの遊び方等スパンク氏にレクチャーし氏の岬デビューをサポート。アオキプロ氏はお気に入りの中のお気に入りの子と最後の仕事。SG氏はまたベッピンさん行き、電話番号交換した模様。今後は何時でも会えますぜ!
夕方時間となり、荷物まとめてタクシーでハノイへ。
夜ハノイ到着後一旦荷物をSG氏のお宅に置かせて頂き、夕食へ。ビアレストランのような店で生ビールで「お疲れ様乾杯」の後荷物取って空港へ。アオキプロ氏!お疲れ様でした!SG氏、お世話になりました!
おなじみ金星一号氏は今回生憎本業が忙しく、殆ど岬に顔出せませんでしたが、電話にて色々サポートしてもらいました。
翌日早朝、デップチャイ氏が大寝坊するハプニングが有ったものの、スパンク氏はフライトに間に合い、デップチャイ氏は無事宅八郎と再会でき、4ヶ月間離れ離れだった二人は発情サル状態だったらしく、当日心配した陳さんが電話してもバコバコ忙しくて完全シカト状態でした。末永くお幸せに!
次回は2月か3月に、昆明、河口、岬の3本立てを計画中。乞うご期待!!
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2013年12月11日 00:15 ] カテゴリ:ベトナム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。