FC2ブログ

陳さんの亞洲マン遊記

謎の陳さん実際体験の、楽しく、怪しく、ちょっぴり寂しいお遊び日記。中国やベトナム風俗の未知のゾーンにご招待!
陳さんの亞洲マン遊記 TOP  >  スポンサー広告 >  ベトナム >  【復刻】陳さんが夜のサイゴンご案内

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【復刻】陳さんが夜のサイゴンご案内

読者の方より「ホーチミンでローカルのオーソドックスな遊びを体験したい」とリクエスト有り、たまたまその時現地一泊予定だった迷ガイド陳さんが案内役を買って出ました。
ローカルのオーソドックスとならばビアオムを抜きには語ることができません。でもボッタクリ店が多いので、ベトナムの知人に連絡し、彼のなじみの店のママさんに話しつけてもらいました。部屋代1時間10万ドン、ホステスチップ1人20万ドン、ハイネケン1缶3万2千ドン。つまみは15~18万ドン。大体の予算200万ドン。
そして準備万端の陳さん率いる3羽ガラスが店に行ってみると…
店先に見張りのボーイ2人、一階はバイク置き場、細い階段を上がるとエアコン、カラオケ、トイレ付きオムオムルームと一見さんが行くとルームチャージ100ドルとか言われそう!な雰囲気十分のカラビアオム屋でした。
ボーイに「XXXXマミーに電話してある」と一言伝えると、一番でかいオムオムルームに通され、マミーが5人のホステス連れて来ました。
とにかくオムオムしやすそうな子選んで横に座らせ、マミーに「飲み食いの予算150万しかない」と言うと、ハイネケン24缶ケース買い、焼きイカとフルーツ盛り合わせの「漢(おとこ)オーダー」してくれました。
そして合計7人(マミーも残留)でビールを浴びるほど飲み、オムオムしまくり、適当に歌も歌って、また飲んで、オムオム。ハッスルしまくりのH氏は女の子のタンクトップをずらしてしもうてますやん!勿論ノーブラ。
3時間後ビールの箱が空になった所でお下劣宴会お開きと相成り、明朗会計の後ホステスチップ払い(おいたが過ぎたH氏だけは30万ドン)、マミーにも10万置いて店を出ました。
酔い覚ましに少し歩いて、近くのカフェにて反省会。「ハイバーチュンにある英語通じるバービアみたいのがビアオムと思ってたんですが、ローカルのは本当に濃いですね!」とお褒めの言葉頂き案内人の面目立ちました。
そして「最後の夜なんでホンダガールも試してみたい」との緊急動議があり、その手のバイクがビュンビュン走ってる通りへ移動中、向こうからバイクに乗った若い女の子がやってきて「マッサー?」「うん!マッサー!おいくら?」「100ドル」「高い!要らん!」とシカトしてると。仲間らしきバイク数台集まり、路上セリ状態。I氏H氏とも「英語が出来る子でホテル代込み70ドル以内」とのご希望。もう少し時間が有れば、もっと安いのを見つけられるんですが、まあご希望予算内でまとめましょうと、陳さんが知っている某連れ込みホテルに80万ドンで行く英語できる奴おらんか?と条件逆提示。結局英語ができる背の高い子とベトナム語しかできない童顔の子を某ホテルに向かわせ、我々はタクシーで移動。
ホテル2部屋を40万ドンで時間借りして、I氏とH氏は女の子に手を引かれてお部屋へ。陳さんは何かトラブルあってはいけませんのでフロント前で茶をすすって待機。
1時間ちょいでお二人とも満足顔で降りて来まして、さしたるトラブルも無くミッション終了。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2013年12月10日 12:07 ] カテゴリ:ベトナム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。